【おっさんほいほい】30代なら一度はハマった事があるミニ四駆の思い出を俺が語っていくぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

おはようございます。

結城です。

もうすぐ春ですね。

ちょっと気取ってみませんか♪

 

ということで、

もう3月ですね。

梅の花も満開、そろそろ桜も咲きますかね。

春は新しいことをしたくなる季節です。

僕も何か新しい事を始めてみようかなと思います。

 

Sponsored Link

30代男子集まれ!

30代が男子と呼べるかどうかははなはだ疑問ですが…。笑

僕が30代男子なので、同世代の人なら絶対に共感してくれるはず!

あなたもハマったでしょ?

ミニ四駆!

コロコロコミックから一代ブームとなったミニ四駆の思い出をつらつら語っていこうと思います。

vanguard-sonic_victory-magnum_i

 

爆走兄弟レッツ&ゴー

たしか、コロコロコミックだったはず。

アバンテに代表されるタイヤ4つが普通に出ているF1のフォーミュラーカーみたいな形のミニ四駆しかなかった当時、

フルカウルというタイヤの上までボディがあるちょっと普通と違うミニ四駆が登場しました。

なんとかマグナムとなんとかソニック!

それが、コロコロコミックで連載されていた、

爆走兄弟レッツ&ゴー

です。

 

小学生の僕にはすごくかっこよく見えました!

ダウンフォース

という、空気力学を元に作られたボディがそれまでのミニ四駆とは

まったく違って見えて、

ダウンフォース!

という意味もわからずになんか凄いと興奮していました!

 

形も特徴的でかっこいいですよねー。

あんまり漫画の方は覚えてないのですが、

Google先生に教わりながら説明していきます!

 

ちなみに漫画では、

「いっけぇーーー!!」

って叫ぶとブォォーーン!とスピードが速くなるのですが、

そんな機能は当然ながらついてませんでした。笑

 

マグナムセイバー 星馬豪

マグナムセイバー1マグナムセイバー2

しょっぱなから間違えましたね。笑

なんとかマグナムじゃなくて、マグナムなんとかでした!

マグナムもソニックも何段階か途中で進化して名前も変わるので、

いまいちうろ覚えでした。

 

マグナムはカラーリングが青と白ベース。

当時はお兄ちゃんの烈のマシンよりも人気があったように思います。

 

持ち主は星馬豪、兄弟の弟の方です。

星馬豪1

マグナムは直線に特化したミニ四駆。

豪も直情型で、正直でちょっとバカ、というキャラです。

個人的にはお兄ちゃんの方が好きでしたねー。

お兄ちゃんは知的で、マシンはコーナー特化でした。

 

ソニックセイバー 星馬烈

ソニックセイバー2

ソニックセイバー1

星馬兄弟のお兄ちゃん、星馬烈の持つマシンです。

星馬烈

カラーリングは赤と白。

リアウイングがマグナムよりも立っていて、

より強いダウンフォースを生むことができます。

コーナーに強いマシンでした。

 

お兄ちゃんの方が知的で、

いつも弟の豪が熱くなるのを諫めてる印象です。

だけど実はちょっと熱いところもあり……、

というところが好きな部分でした!

 

トライダガーX 鷹羽リョウ

トライダガー1

トライダガー2

めっちゃかっこいい!

と思いました。

マグナムの青、

ソニックの赤、

そして3番目に出てきたのが、

黒のトライダガーX!

 

Xの文字をあしらいボディの形もエックス、

炎のカラーリングでアメリカンな感じですね。

 

たしか、これも直線に特化したマシンです。

マグナム以上に直線では早かったような。

ダウンフォースが強いんですよ、ダウンフォースが。

そんで壁を走ってたような気がする。

ダウンフォースで。

 

鷹羽リョウの持つマシンです。

弟がいて、あんちゃんと呼ばれていたような気がします。

chara_ryo (1)

 

スピンアックス 三国藤吉

スピンアックス

スピンアックス

木下藤吉郎…、ではなくて三国藤吉のマシン、スピンアックス

青いカラーで形が斧みたい。

他のマシンよりもさらに特徴的な形をしています。

UFOみたい。

 

たしかこのマシンも進化したはずだったけど…。

ググって思い出しました!

 

まずスピンコブラ!っていうのに進化します。

スピンコブラ (2)

スピンコブラ

めっちゃ進化してるーーー!!

エリマキトカゲみたいだけど、

見方によってはかっこいいです!

これ、販売はディスプレイタイプだけなんですね。

実際漫画でも、科学技術の結晶的な、ハイテクマシンだったような気がします。

 

さらにぐぐると

ググるとMarkⅡってのが出てきました。

スピンバイパーなるものも出てきました。

スピンアックスマーク2

スピンバイパー

スピンバイパー2

どっちもかっこよすぎだろー!

スタイリッシュな青い稲妻、かっちょえー!

これはでもシャーシの形が違うので、

違うシリーズのモデルかもしれませんね。

 

持ち主の三国藤吉はたしかお金持ちで、

chara_mikuni

自宅にサーキット場があって、

そこで稲妻みたいなコーナーリングを披露していた気がします。

 

よく考えると稲妻みたいなコーナーリングってどーやんだよ…。

 

とにかくソニック以上にコーナーリングに特化したマシンでした。

 

ビクトリーマグナム 星馬豪

ビクトリーマグナム2

ビクトリーマグナム

マグナムセイバーが進化して、ビクトリーマグナムになりました。

トライダガーのXに対してVをモチーフにしたマシンですね。

 

リアウイングがかなり小さくなってます。

 

必殺技は、マグナムトルネード!

そもそもミニ四駆に必殺技ってなんやねん、って突っ込みたいところですが。笑

 

マグナムは直線特化のマシンなのでコーナーに弱く、

コースアウトしてしまうこともしばしば。

それをお兄ちゃんの烈に散々指摘されていたのですが、

いじっぱりで、また、直線のスピードを落としたくなかった豪は

ある秘策を考えました。

コーナーで勢いあまってコースアウトしても、

その勢いのままぐるぐる回ってまたコースに着陸すればいいと!

マリオカートのレインボーロードで使う、ショートカットです。

magnumtornado-1 (1)

あれ、漫画のマシンはマグナムセイバーですね。

ビクトリーマグナムからの必殺技だと思ったのですが、どうやら記憶違いのよう。

 

つーか、これアリか!?笑

 

バンガードソニック 星馬烈

バンガードソニック2

バンガードソニック

2代目ソニックです。

どうやって進化したかは忘れてしまいました。

相変わらずリアウイングがマグナムよりも大きいですね。

これもフルカウルのミニ四駆ですが、形が以前よりもフォーミュラーに近づいています。

 

ビークスパイダー 沖田カイ

ビークスパイダー

ビークスパイダー2

これも今見るとなかなか個性的でかっこいいですねー!

スピンアックスに似ています。

あとダーツの矢っぽい。

 

形から察するに、スピンアックスのライバル機だったのかな。

敵のマシンということは覚えていますが、

それ以外はまったく思い出せません!

 

持ち主は沖田カイ。

沖田カイ

白い学ランを着ていて、

あと2人の仲間とつるんでいました。

一番ちっちゃかったような。

 

ネオトライダガーZMC 鷹羽リョウ

ネオトライダガーzmc

ネオトライダガー

二代目トライダガー。

前回のごつくてアメリカンな感じから随分とスタイリッシュになりました!

そしてとうとうフルカウルではなくなった!

見た感じが軽くて速そうです。

 

コックピットから後ろをビクトリーマグナム、

コックピットから前はビークスパイダーのリアウイング部分を

足して2で割った感じの形ですね。

 

ググったら、どうやら上に書いたビークスパイダーにやられて

進化したようです。

 

ビークスパイダーの武器(笑)が空気の刃

なんでも切り裂くことのできる空気の刃を発生させるんですって。

それでマグナムがやられそうだったところ、

トライダガーがかばって真っ二つにされちゃったらしい。

 

そして、夢の素材zmcで作った新しいミニ四駆だーー!!

だってさ。

 

ファイターマグナムVFX 星馬豪

ファイターマグナムvfx2

ファイターマグナムvfx1

前回のビクトリーマグナムからアメリカンな感じになりました。

ファイターマグナムVFX!

 

全然記憶にないのですが、ビクトリーマグナムを軽量化した感じでいいのかな?

VFXはどこから来たんだろう…。

 

ブロッケンG 近藤ゲン

ブロッケンギガント1

ブロッケンギガント2

なんか上から降ってきて他のマシンをつぶして破壊するマシンじゃなかったっけ?

ブロッケンGって覚えていましたが、

正式名称はブロッケンギガントらしいです。

 

これまでのミニ四駆と違うのは、

モーターがシャーシの前にあること!

前にあることで重心を前にずらし、

それでジャンプした時に安定して着地できる…みたいな説明があったような気がします。

漫画でもジャンプして他のマシンを踏みつぶしていました。

 

ただスピードの方は…。

速かったイメージは全然ないです。

 

持ち主は近藤ゲン。

近藤ゲン

あ、この3人組、大神軍団というそうです。

近藤ゲンは体は大きいけど頭は子供っぽい、

いわばコナンの逆バージョンですかね。

ペロペロキャンディーをつねに持ち歩いています。

 

サイクロンマグナム 星馬豪

サイクロンマグナム2

サイクロンマグナム

まだ微妙にカウルはあるけど、

どんどんとそぎ落とされています。

マグナムの4代目?

サイクロンマグナム

です。

 

あ、ググったら3代目らしいです。

ファイターマグナムがカウントされていないのかな。

 

ブロッケンギガントにビクトリーマグナムを破壊されて

作り直したみたいですね。

「かっとべ、マグナーーム!!」

 

ってこれ、ほとんどアバンテじゃん!

アバンテ

 

レイスティンガー 土方レイ

レイスティンガー1

レイスティンガー2

大神軍団の一人、土方レイのマシン、

レイスティンガー

です。

 

これ、ボディ中央の穴から針が出るんですよ。

そんで相手のマシンをぐさーって串刺し。

たしか、特殊な光を追うようにできてるハイテクマシンなんですよね。

 

それで、レイが狙った獲物を後ろから追いかけて、

近くなったら針でぐさー!

 

ミニ四駆の概念って…。

 

持ち主は、土方レイ。

男で長髪、性格は冷酷非道な見たまんまのキャラです。

土方レイ

 

ハリケーンソニック 星馬烈

ハリケーンソニック

ハリケーンソニック (2)

3代目ソニック、

ハリケーンソニックです

初代、2代目、3代目と世代ごとのコンセプトはマグナムと一緒なのか、

3代目のサイクロンマグナムに似ています。

 

ただやはりソニックはコーナーリングマシンですので、

カウルは大きめ、

リアウイングも3段構造の大き目なもので、

コーナーでもマシンが浮いてかっとばないようになっているのかなー。

マグナムに比べて丸みを帯びているのも特徴ですね。

 

うーん、マグナムもソニックも3代目が一番かっこいい!

 

シャイニングスコーピオン

シャイニングスコーピオン2

シャイニングスコーピオン1

スーパーファミコンのゲームでも出ました。

むしろ、ファミコンしか出てない?

ググったら、プレミアムという復刻版の箱しかひっかかりませんでした。

当時は発売されていないのかなー。

 

スピードが出ると色が変わるマシンです。

レイスティンガーに形が似ている気がしますね。

 

ディオスパーダ

ディオスパーダ2

ディオスパーダ

ここらへんから世界編になっていった気がします。

しかし、このディオスパーダ、

まったく記憶にない!

 

見た目もあんまりかっこよくないし、

きっと当時の僕もこのマシンには興味がなかったんだろうなー。

 

ガンブラスターXTO

ガンブラスター2

ガンブラスター

ブロッケンギガントに似ていますね。

トライダガーXにも似ていますね。

足して2で割ったら

ガンブラスターXTO!

もうネタ切れですかね。

 

これも記憶にござらん!

 

きっと、ここらへんからミニ四駆を卒業していったのでしょうね。

ベルクカイザー

ベルクカイザー

ベルクカイザー2

なにこれ、めっちゃかっこいい!

それまでの左右対称だったマシンから、

左右非対称なマシンが出ました!

 

ベルクカイザー!

 

当時の僕もそう思ったのでしょうね。

微妙に記憶があります。笑

なんかやたら偉そうな

俺は皇帝だー、勝って当然だー

みたいなキャラが持ち主だった気がします。

 

ビートマグナム

untitled

untitled

ビートマグナム

4代目マグナム、ビートマグナム。

 

もう、どこが進化しているのか全然わかんないよ…。

リアウイングが大きくなった?

あとリアにローラーついてるね。

 

バスターソニック

バスターソニック

バスターソニック2

4代目ソニック、バスターソニック。

 

あ、ホイールが大きくなってますね。

4代目マグナムもだ!

タイヤが大きいとかっこよく見えるのは本物の車と一緒ですね。

 

まとめ

さー、どうでしたか?

懐かしかったでしょ?

 

後半は全然覚えていなくてアレでしたが。笑

 

やはりインパクトが強かったのか、

最初の頃に登場したマシンの方がよく覚えていました。

 

好きなマシンは、

トライダガーX

トライダガーzmc

スピンアックス

ビークスパイダー

サイクロンマグナム

ハリケーンソニック

あたりかなー。

 

今はプレミアム?という形で復刻版が再販されているので、

当時の記憶を思い出して、またミニ四駆をいろいろと改造してみるのも面白いかもね。

ひたすら穴開けて軽量化とかしてましたよね!笑

 

そういえば、たしか世界編では、

アイスホッケーのスティックみたいなのをもって、

自分のマシンと走らせながらスティックで操作させていたんですね。

やってみたい!

と思って僕も自分のミニ四駆と木の棒をもって操作しようとしましたが…

はえぇ!!( ̄□ ̄;)!!

普通にビューンって先にミニ四駆が行ってしまって、

追いつけませんでした。笑

 

烈も豪も、ミニ四駆と並走できるなんて、すごいよ…。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です